So-net無料ブログ作成

なぜプリロードを掛けたのか [ビート・サスペンション]

RIMG1244.JPG
ふふふ、今回は懐かしネタです。
(V)o¥o(V) さんやtosiboさん辺りしか分らないかな?
コマ探ししてたら、思わず全部読んじゃった(笑)

でもって明日は、今年最後の早朝筑波山。
うっかりすると、もう一回くらい行っちゃうかもしれないけどね〜



え〜と、前回は装着後の初期セットの憶え書きをしました。
おいらは元々、バイクばかりだったので車の事はようわかりません(なぜ関西w)。
んなもんで、セットの考えもバイク系です。

ちょっとググってみても、車じゃサグとか考えないみたい???
ならば皆、何を基準にしてるん?
う〜む・・・

今回はまず、ダンパーのストロークを調べました。
p4.jpg
これやらないと、「あとどれくらい残ってる」とか分らないから。

で、フロントを例にすると、プリ0だとジャッキから降ろしただけで23ミリも縮むわけです。
ストロークが35ミリしかないのに23ミリも沈んじゃったら、残りは12ミリしか無いわけですよ。
伸び側は余裕があるけど。
そこでサグ出しをするわけです。
通常、全ストロークの30%位を基準にするのかな?
今回は40%位沈めてみましたけど。
あっ、本当なら運転席に座って、自分の重さも入れなきゃなんですけど。

でもって、プリロードとはなんぞや? になるわけです。
例えば、シングルレートのサスの数値が10kg/mmだったとしたら、
そのバネは10kg重の力をかければ1mm縮むことを示しています。  
そのサスユニットのストロークが仮に50ミリ有ったならば、
その対応範囲は0kg重〜500kg重までです。 

で、プリロードとは「バネをあらかじめ縮めておく」事です。
じゃあ、上のサスユニットでプリロードを+5ミリかけたらどうなるでしょう?

答えは、「50kg重の力まではサスが動かない(縮まない)」です。 
勘違いしやすいですが「バネが硬くなる」わけではありません。
そして対応範囲が0(50)〜550に変わります。 
これが基本原理です。   

あとは走行してみて、伸び側の事や、フルボトムしてないかとか、
いろんな条件で探ってみて、足りなきゃレートをあげるとか、
逆なら下げるとか考えていかなきゃなりません。


と、解った風でいて、解ってるんだか解ってないんだかな事を書きましたが、
こんな事を考えながらメカニックごっこをしているわけです(笑)


考えの元はといえば、すべてコヤツを弄ってた時の物。
102-0246_IMG.JPG
750をベースに、フロントはバンディットフォーク+R750の社外スプリング。
プリロード掛けたり抜いたり、油面を変えてみたり。
プリロード調整なんか付いてないから、パイプを色んなサイズに切って使ったり。

リアはリアで、400プロアーム+R1100のショックユニット。
後に、スイングアームの垂れ角が変で、リンクプレートを作り直したり、
ショックユニットをR1000の物に変更したり。
悩んだり作ったり大変だったけど面白かった。

そうそう、ミニバイク耐久でモテギ北を走ってた時は、
DCF_0071.JPG
たった3ミリのプリロードの変化で、タイムが全く変わっちゃうなんて経験もしました。


結局の所、自分の思う様にやるのが一番です。
奥が深くて面白いと思うか、いちいちメンドクセーと思うかはアナタ次第。

書く事が無いので、どーでもイイ事を綴ってみました。
んが・・・落札しようと思ってた物の入札忘れました(爆)
nice!(1)  コメント(4) 

nice! 1

コメント 4

しんたろう


20年ほど前は車高調なんて 高嶺の花でしたよ

あれこれ試して踏んで曲がれるところを見つけて下さいな
インプレ 楽しみに待ってますよ!
by しんたろう (2009-12-27 05:22) 

銀

☆しんたろさん
ですよねー!
おいらは、スタタボにカヤバのクライムギア+タナベのH150って組み合わせでした。
バネなんか遊びまくりwww
一度だけ整備不良で捕まりましたよ( ̄▽ ̄;
by (2009-12-27 16:05) 

(V)o\o(V)

『風を抜け!』ですな。

『赤いペガサス』なんてのもあったね。

by (V)o\o(V) (2009-12-27 16:56) 

銀

☆(V)o¥o(V) さん
正解です〜
そういえば、赤いペガサスって読んでないな。
今度探してみよう。
by (2009-12-27 18:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。