So-net無料ブログ作成

R1100R 復活計画・1 [BMW R1100R]

IMG_0870.JPG
え〜、作業の進捗な記事に関しては、
面倒なので前振りとか無しで(笑)

気が向いた時に場所を移動しておいて、
タンクを降ろしました。
BMWのタンク内は、国産のバイクと違ってコーティングが施されてます。
んで、空っぽに近い状態で放置していたと思っていたけど、
実は半分ちょっと位のガソリンが残ってました。
お陰で、コーティングはズルズルと剥がれてきますが、
錆はあまり進行してないっぽい♪

ガソリンの残りが僅かだと、気化して残った成分が、
タール状になって酷い眼にあうのですが、
たっぷり残っていたお陰でそれも無さそう。
6年半前のオレ、偉いぞ!w



タンクを降ろしたら、気になっていた配線をチェック、、、。
保護チューブがバリバリと皆崩れ落ちます( ̄□ ̄;
ECUのハーネスまでもが剥き出し!
なのがTOP画像。
まぁ、テープで巻き直せば済む事です。

チェックだけ済ませたら、最初の大掛かりな作業へと進みます。
前々に見つけた不具合なんですが、ハンドルストッパーが
片方飛んでしまっています。
幸い、フレーム側は無傷なので、立ちゴケでもしたんでしょう。
修理すべく、フロント周りをバラします。
IMG_0869.JPG
ほんと、このフロントサスペンションは面白い構造。

トップブリッジが外れました。
IMG_0872.JPG
ボールペンで指してる部分が問題の箇所。

加工するにはメインキーユニットが邪魔なので外します。
IMG_0882.JPG
ここには、国産同様な締め殺しなボルトが使われていますので、

ボール盤で揉んで壊して外します。
IMG_0883.JPG
グリリリーーーン

はい、外れました。
IMG_0884.JPG

外れたら、割れた面をリューターで馴らし、
IMG_0885.JPG
けがきを入れてM6用の下穴を開けます。

タップをたてたら完成。
IMG_0886.JPG

仮にボルトを装着。
IMG_0887.JPG
日曜日にホームセンターへ行くので、
キャップボルトを買ってこよーっと。


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。