So-net無料ブログ作成

【足袋蔵】行田市駅周辺にワクワク【秩父鉄道】 [日々の徒然]

IMG_7216.JPG
(今回も長いですw)
本日は日差しは少なめでしたが風は無いし、
絶好のお出かけ日和でした。

昨夜の時点では自転車でどこか行こうと思いつつ寝たのですが、
起きてみればスイッチが入らない。
予定より1時間遅れで起き、ナポリタンを作って食べる所までは進めてみたのですが、
結局自転車スイッチが入る事無く。。。
無理に出掛けてもロクな事にならないので、
嫁チャンと息子クンとで出掛ける事に。




最初にちょこっと買い物へ。
ツイッターを覗いていたら、
さっちゃんが古代蓮の里で車のミーティング的なのやってると呟いてる。
特に予定は決まってないので行ってみますか。

と、到着してみたら仏車的な集まりみたい。
IMG_7185.JPG
そんな事は何も言ってないのに息子クンったら、
「なんだかフランスっぽい車たちだねぇ」
と。
ヲイヲイ、ナニモノですかあなたヽ(゚Д゚;)ノ!!

そんな中でも、2CVにめっちゃ食い付いてた。
IMG_7189.jpg
息子クン撮影。
ってか、台数もあまり残ってなかったので、ほとんどの車両撮ってたw

ほぼ終わりな桜と、満開の芝桜な敷地を軽く散歩して、
IMG_7201.JPG
ちょろっと野菜なんかを買って次へ。

忍城の周辺散策にでも行きますかとR125を走っていたら、、、
IMG_7211.JPG

何やら気になる古い建物がポツポツあるねぇ、、、
IMG_7244.JPG
ココはドコだ?と調べてみたら、どうやら行田市駅の辺り。
とてもとても気になるので、予定変更して散策開始〜♪

なんだか、
IMG_7241.JPG

あちこちに蔵がありますねぇ。
IMG_7248.JPG

一通りぐるっと回ってきたら、
IMG_7239.JPG
まちづくりミュージアムなんてノボリの出てる蔵を発見。
NPO法人の「ぎょうだ足袋蔵ネットワーク」http://www.tabigura.net/
と言う所が管理している、観光案内的な場所のよう。

なんか胡散臭いなぁとか思いながら入ってみるとw、
IMG_7235.JPG
こじんまりとしつつも丁寧な案内展示がされていて、
係の女性がこれまた丁寧に案内して下さいました。

どうやら、街に残る蔵が取り壊しになったりなってしまいそうだったりを見かねて、
ギャラリーやカフェ、工房等に改装して貸し出し、
取り壊さないで済む様にと仲介したり、改装の手伝いをしたりしている様です。
大元は建築関係の会社が発起人みたいです。
じっさい、ここのミュージアムの2階も、
IMG_7237.JPG
こんなスペースになっていて、展示会や演奏会等を行っているとの事。

当初はココで帰るつもりだったのですが、
まだ時間はじゅうぶんあるので、
ミュージアムで教えてもらった場所に行こうともう一回り。
IMG_7251.JPG
煉瓦作りが素敵な蔵。

蔵と明治時代の建物だったかな? カフェとお蕎麦屋さんに改装された、
IMG_7250.JPG
ランドマーク的な場所。

あと、最初の頃に気になってたけどスルーしちゃったパン屋さんも、
ミュージアムの人が勧めていたので行ってみたw
IMG_7209.JPG
手作り感満載な暖簾。

ここは古民家的な所を改装しています。
IMG_7242.JPG
テーブル席もあって、その場で食べる事もできます。

ミュージアムの女性も、たまたま居らした常連さん?な女性もお勧めの、
IMG_7254.JPG
たくあんマヨネーズ・カレー風味コッペを買ってみたヽ(`Д´)ノ
これがまた・・・ここの店の懐かしい系なコッペパンとめっちゃ合う!
これは病み付きかも(笑)
と、こんな創作パンばかりではありませんので誤解なきよう。
ジャムのコッペも美味しかったし、チーズのナンっぽい? ピザっぽい?
のも美味しかったです。
ほとんど売り切れてしまっていたので、また次回にチャレンジです。

その他、良く見るとあちこちに隠れてる、
IMG_7218.JPG

路地を見つけるのも楽しい。
IMG_7219.JPG

こんな建物があったりするので、
IMG_7247.JPG
裏通り散策も見逃せません。

また、駅前にはこんなレコード店があったり、
IMG_7233.JPG

とうとう入る勇気が出ずに諦めた、
IMG_7231.JPG
なんとなく玄人臭が漂うプラモ屋さんがあったり、
(2階がプラモ屋さんで、田宮の旗の左手に入り口ドアがある)
ちょっとこの辺、もう少し探ってみる必要がありそうですw
廻り切れていない蔵もまだまだありますし。

そうそう、毎年5月の第3土日は、スタンプラリーが開催されている様です。
参加費の200円は、「足袋とくらしの博物館」の入館料込みなので相殺されますし、
着物とか作務衣とか着て参加すると無料参加になったりするそうです。
普段は公開されていない蔵の見学も出来るとの事で、
今から楽しみにしています♪




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。